働き方

システムエンジニア向けの必須アイテム3つを紹介します

現役SEのササキノです。

システムエンジニアをしていて「個人的にこれだけは外せないな」と思う必須アイテムを3つ挙げてみました。

・ブルーライトカットメガネ → 健康
・コーヒーボトル  → 節約
・参考書(勉強用) → 将来稼ぐ力

エンジニアは基本デスク作業なので、それに関するアイテムとなっています。
それぞれ詳しく解説していきます。

必須アイテム①:ブルーライトカットメガネ

目の負担が段違いで軽くなるのでデスク作業のエンジニアには必須アイテムだと思っています。

私が使用しているメガネは次の通りです。

・Zoff のレンズ入りブルーライトカットメガネ
・カット率は20%
・値段は1万3000円くらいだった
・数年間使用しているが問題なく使えている

私の場合はレンズもつけたかったので「Zoff」さんのお店へ直接向かって作ってもらいました。フレームを選ぶ → 度を合わせる → オプションでブルーライトを付けてもらう流れです。おしゃれなフレームが沢山あって値段もお手頃で丈夫なメガネなので重宝しています。

私の時は20%のブルーライトカットメガネでしたが、調べてみると2019年4月現在は50%近くカットしてくれるものもあるそうですね。一度買ってしまえば長期間使えるので1つは持っておきたいアイテムです。

必須アイテム②:コーヒーボトル

デスク作業ではついついコーヒーを飲みがちなので必須級のアイテム。

私の場合はコーヒーボトルを買うまで缶コーヒーを1日1~2本飲んでおり、それだけで出費が爆上がりでした。

流石に出費が痛かったので、コーヒーボトルを購入することに。
家で作って持っていくことで、年間で約4万円節約できました。

まずは缶コーヒー時代の出費を振り返っていきます。

缶コーヒーを100円とし1日1.5本飲むと150円になります。
月   :150円 × 30日 = 4500円
年間:4500円 × 12か月 =5万4000円

缶コーヒーだけで年間5万円以上つぎ込んでいる計算になります。
これならさっさとコーヒーボトルを買って自分でコーヒー淹れたほうがお得ではないでしょうか?

というわけで私はコーヒーボトルを購入し、缶コーヒーからスーパーで売っているドリップ用コーヒー豆に変更しました。

私が買っているドリップ用コーヒー豆は次の通りです。

・300gで1000円のドリップ用コーヒー豆。
→ コップ1杯は8gほど使用。1杯につき26.7円。

・120枚で150円のコーヒー豆のフィルター紙。
→ 1枚1.1円。

・結論、一杯30円かからないくらい

コーヒーボトルに入れるときはもう少し多く作るので1杯50円ほどです。
計算すると、

コーヒーボトルに一杯50円とすると、
月   :50円 × 30日 = 1500円
年間:1500円 × 12か月 =1万8000円

差は、
月:   4500円 - 1500円 = 3000円
年間:54000円 - 18000円 = 36000円
となりました。

豆をもっと大増量で安く買うことでもっと節約できそうですね。
コーヒー豆だと量を調整できるのも良い点です。

ちなみに私が使用しているコーヒーボトルとコーヒー機器は次の通り。

コーヒーボトルを洗うとき用の器具も忘れずに↓

3M スコッチブライト すごいボトル洗い 本体 取替え用スポンジ1個セット MBC-03K&R

新品価格
¥734から
(2019/4/3 22:38時点)

以上の三点セットに紙のコーヒーフィルターも利用しています。
紙のフィルターとステンレスフィルターで2重に使用しています。

これだけでも合わせて4500円くらいから購入できるので、すぐに回収できますね。
浮いたお金は生活費や参考書の投資に使っています。

必須アイテム③:参考書

仕事中の余った時間を有効活用できるアイテム。
参考書は一番の自己投資です。

システムエンジニアはどんな参考書を選んでいくべきでしょうか?
まずはなぜ参考書を買うのか目的をはっきりさせていきます

私が考える参考書を買う目的は次の通りです。

〇〇年後、今の給料よりたくさん稼ぐ力を身につけるため

5年後、10年後、もしくは30歳・40歳でどれくらい稼ぎたいか目標を立てます。
そこから逆算し稼ぐ力を身につけるための道のりを考えていきます。

初心者SEのスキルのままでは当然何年たっても給料を上げることはできないので「稼ぐ力」を身につけることは大切ですね。

では具体的にシステムエンジニアが給料をアップさせるにはどうすればよいでしょうか?
方法は次の通りです。

・管理職になる(プロジェクトリーダー、マネージャーなど)
・転職して単価UP
・フリーランス

これらに共通して必要な要素は、

・仕事をするための専門スキル
・営業力やコミュニケーション力などのヒューマンスキル

となっています。

参考書の話に戻りますが、参考書は「専門スキル」「ヒューマンスキル」の稼ぐ力を身につくものを選んで購入するようにします。

「今は転職したり、フリーランスになる気はまだまだ考えられないよ」という初心者SEの方もリーダーやマネージャーを目指すうえで必要な要素になってくるので勉強しておくのが吉です。

初心者SEは特に仕事中に時間が余りやすいので暇な時間をがんがん利用してスキルを身につけていくのがオススメです。

私がオススメする参考書を紹介していきます。
ヒューマンスキルの参考書は私も勉強中の身なので、今回は初心者SE向けの技術参考書を3つ紹介します。

1つ目の「エンジニアの知的生産術」はエンジニアの仕事や技術を学んでいく考え方・方法を丁寧に解説されているので、エンジニアなら読んでおきたい本。図もあるので視覚的に理解しやすい。

2つ目はサーバーに関する本です。エンジニアはサーバーから切っても切れない職業なのでサーバーの知識を身につけるのに分かりやすい図も豊富な参考書です。

3つ目はLinuxの本です。上2つで紹介している通り、私は図もある参考書が好みなのでこのLinux本も図と一緒に解説されているのでとっつきやすいです。Linuxを触らないエンジニアの人は後回しで良いです。

まとめ

最後にポイントを整理していきます。
エンジニアにおいて必須アイテムは次の3つ。

・ブルーライトカットメガネ
→目の負担を軽くしてくれ、すべての作業効率UP
・コーヒーボトル
→1杯50円以下で飲め、豆次第でもっと安くできる
・参考書
→技術やヒューマンスキルといった将来稼ぐ力を身につける

以上です。
興味があれば他の記事も見てみてください。

【バグ1000件】運用保守の仕事が地獄だった話【SE向け】現役システムエンジニアのササキノです。 システムエンジニアの仕事のうち「運用保守」がありますが、地獄だったので体験談を皆さんにシェ...